MFC編 目次

 MFC全般

 

・MFCの開発環境をそろえよう
・MFCをスタティックリンクしたときに出るエラー
・関数追加時に出るエラー
・Windows XPスタイルの外観にする

 文字列操作

 

・CStringの基本1 文字列の連結と追加
・ATL/MFC共有版のCStringについて
・CStringと三項演算子の問題

 DDX/DDV

 

・DDXの基本1
・DDXの基本2
・DDX変数に複数コントロールを割り当てる
・DDX変数を配列にする

 ダイアログ

 

・ダイアログの色変更

 ボタン

 

・ボタンの基本

 チェックボックス

 

・チェックボックスの基本
・プッシュボタンのようなチェックボックス
・チェックボックスの色変更

 エディットボックス

 

・エディットボックスの基本
・エディットボックスの色変更

 コンボボックス

 

・コンボボックスの基本
・コンボボックスに初期データを入れる
・コンボボックスの色変更
・拡張コンボボックス

 リストボックス

 

・リストボックスの基本
・リストボックスの色変更
・チェックリストボックスを作る

 ラジオボタン

 

・ラジオボタンの基本
・ラジオボタンの色変更

 スタティックテキスト

 

・スタティックテキストの内容を動的に変更する
・スタティックテキストに複数行入力する
・スタティックテキストの文字色変更

 リストコントロール

 

・リストコントロールの基本1
・リストコントロールの基本2
・リストコントロールの一行全体を選択する
・リストコントロールを単一行選択にする
・フォーカスが移ったときも選択状態を維持する
・アイテムにユーザデータを付加する
・アイテムにアイコンをつける
・アイテムに状態イメージをつける
・ヘッダ項目にアイコンをつける

 ツリーコントロール

 

・ツリーコントロールの基本

 タブコントロール

 

・タブコントロールの基本1
・タブコントロールの基本2
・タブコントロールをXPスタイルにする

 スライダコントロール

 

・スライダコントロールの基本1
・スライダコントロールの基本2

 スピンコントロール

 

・スピンコントロールの基本

 プログレスバー

 

・プログレスバーの基本

 日時指定コントロール

 

・日時指定コントロールの基本

 月間予定表コントロール

 

・月間予定表コントロールの基本
・月間予定表のプロパティと色変更

 IPアドレスコントロール

 

・IPアドレスコントロールの基本
・IPアドレスコントロールの操作

 ピクチャーコントロール

 

・ピクチャーコントロールの基本

 アニメーションコントロール

 

・アニメーションコントロールの基本

 時刻管理

 

・CTimeとCTimeSpan
・CTimeの引数について

 メニュー

 

・ダイアログにメニューをつける
・ダイアログにポップアップメニューをつける

 ステータスバー

 

・ダイアログにステータスバーをつける
・ステータスバーに文字列を表示する

 プロパティシート

 

・プロパティシートの基本1
・プロパティシートの基本2

 コモンダイアログ

 

・ファイル選択ダイアログ
・フォント選択ダイアログ
・色選択ダイアログ

 ファイル入出力

 

・ファイル入出力の基本
・テキストファイルの入出力
・ファイルの検索、列挙1
・ファイルの検索、列挙2

 ネットワーク

 

・MFCソケット通信の基本 (クライアント編)
・MFCソケット通信の基本 (サーバ編)
・MFC非同期ソケット (クライアント編1)
・MFC非同期ソケット (クライアント編2)
・MFC非同期ソケット(サーバ編1)
・MFC非同期ソケット(サーバ編2)

 デバイスコンテキスト

 

・デバイスコンテキストの基本
・文字列の描画
・ペンを使った描画
・ブラシを使った描画1
・ブラシを使った描画2

 FTPクライアント

 

・FTPクライアントを作る1
・FTPクライアントを作る2
・FTPクライアントを作る3
・FTPクライアントを作る4
・FTPクライアントを作る5

 ドキュメント・ビュー

 

・ドキュメント・ビューの基本
・エディットビューの基本
・リストビューの基本
・ツリービューの基本
・フォームビューの基本

 ダイアログバー

 

・ダイアログバーの基本
・ダイアログにダイアログバーをつける

 

 

トップページへ戻る

拡張コンボボックス

 今回は拡張コンボボックスを使ってみます。拡張コンボボックスは、次のようにアイテムにイメージをつけることができるコンボボックスです。普通のコンボボックスでもアイテムにイメージをつけることはできますが、その場合はオーナードローで作らなければいけません。拡張コンボボックスの場合はもう少し簡単にアイテムにイメージをつけることができます。

 ではまず、リソースエディタで拡張コンボボックスを作成します。ツールボックスから「Extended Combo Box」を選んで、ダイアログに追加します。コンボボックスと同様に、拡張コンボボックス自体のサイズと、プルダウンで出てくるリストのサイズの両方を設定します。リストのサイズは、拡張コンボボックスの↓部分を一度クリックしてから下方向にサイズを伸ばすと設定できます。

 拡張コンボボックスのプロパティは、リソースIDとTypeを設定します。ここでは「Type」を「ドロップダウンリスト」にします。他はデフォルトのままでOKです。

 アイテムにつけるイメージは、CImageListクラスで管理します。このクラスは複数のイメージをインデックスで管理できます。動的配列のイメージ版?のようなものだと考えればいいでしょう。では、このクラスに渡すビットマップをビットマップエディタで作成します。複数のイメージを横に並べて、1枚のビットマップにします。

 アイテムの高さはイメージの高さによって自動的に伸縮します。ここでは24x24の大きさのイメージを5枚並べました。真ん中の緑の帽子?は「オーバーレイイメージ」に使います。オーバーレイイメージというのはイメージの上に重ねて表示するイメージです。顔のイメージに帽子のオーバーレイイメージを重ねると、帽子をかぶった顔になります。

 1つのアイテムにつけるイメージは、通常状態、選択状態、オーバーレイイメージの3種類を設定できます。もちろん必ずしも全部つける必要はありません。また、アイテムごとに設定するイメージを変えることもできます。使いたいイメージを全部用意して、1枚のビットマップに横並びに並べておきます。イメージはインデックスで指定するので、どのような順番で並べてあっても大丈夫です。

 もう一つ、イメージには透過色を設定できます。色は何色にしてもいいですが、ここではピンク色(赤:255、緑:0、青:255)にしています。透過したいところはこの色で塗りつぶしておきます。

 では、次に拡張コンボボックス用にDDX変数を追加します。拡張コンボボックスはCComboBoxExクラスで操作します。アクセスはprivate、「コントロール変数」をチェックし、カテゴリにColtrolを選択します。Control型の変数なのでm_xcで始まる名前にするとよいでしょう。

 次は、ダイアログクラスにCImageList型のメンバ変数を追加します。

 では、コードの方を実装していきましょう。OnInitDialog()で次のように処理します。

BOOL CComboExDlg::OnInitDialog()
{
    CDialog::OnInitDialog();
    
    SetIcon(m_hIcon, TRUE);         // 大きいアイコンの設定
    SetIcon(m_hIcon, FALSE);        // 小さいアイコンの設定
    
    // TODO: 初期化をここに追加します。
    {
        COMBOBOXEXITEM    exItem;
        CString           str;
        int               err = 0;
        
        // イメージリスト作成
        if (!err) if (!m_imageList.Create
            (IDB_BITMAP1, 24, 1, RGB(255, 0, 255))) err = 1;
        
        // オーバーレイイメージを設定
        if (!err) if (!m_imageList.SetOverlayImage(2, 1)) err = 1;
        
        // 拡張コンボボックスにイメージリストをセット
        if (!err) m_xcComboEx.SetImageList(&m_imageList);
        
        // アイテム挿入
        if (!err)
        {
            str = _T("アイテム1");
            exItem.mask = CBEIF_IMAGE | CBEIF_SELECTEDIMAGE | 
                CBEIF_OVERLAY | CBEIF_TEXT;
            exItem.iImage = 0;
            exItem.iSelectedImage = 1;
            exItem.iOverlay = 1;
            exItem.iItem = -1;
            exItem.pszText = const_cast<LPTSTR>(static_cast<LPCTSTR>(str));
            if (m_xcComboEx.InsertItem(&exItem) == -1) err = 1;
        }
        if (!err)
        {
            str = _T("アイテム2");
            exItem.pszText = const_cast<LPTSTR>(static_cast<LPCTSTR>(str));
            if (m_xcComboEx.InsertItem(&exItem) == -1) err = 1;
        }
        if (!err)
        {
            str = _T("アイテム3");
            exItem.pszText = const_cast<LPTSTR>(static_cast<LPCTSTR>(str));
            exItem.iImage = 3;
            exItem.iSelectedImage = 4;
            exItem.iOverlay = 1;
            if (m_xcComboEx.InsertItem(&exItem) == -1) err = 1;
        }
        if (!err) if (m_xcComboEx.SetCurSel(0) == CB_ERR) err = 1;
    }

    return TRUE;
}

 まずは、CImageList::Create()関数でイメージリストを作成します。引数には、ビットマップのリソースID、1つのイメージの横幅、拡張単位、透過色を指定します。イメージリストについてはまた別のところで詳しく取り上げたいと思います。

 次はCImageList::SetOverlayImage()関数でオーバーレイイメージを設定します。第一引数は0から始まるイメージのインデックス(ビットマップの左から何番目か)、第二引数は1から始まるオーバーレイイメージのインデックスです。これはイメージのインデックスとは関係のない、自分で決める値です。ここでは1にしました。

 次は、CComboBoxEx::SetImageList()関数で拡張コンボボックスにイメージリストをセットします。

 拡張コンボボックスにアイテムを挿入するには、CComboBoxEx::InsertItem()関数を使います。この関数には、COMBOBOXEXITEM型の構造体のポインタを渡します。

 COMBOBOXEXITEM構造体は、どのメンバを設定するのかを指定するために、まずmaskメンバをセットします。ここでは3種類のイメージとアイテムの文字列をセットするので、maskには、CBEIF_IMAGE | CBEIF_SELECTEDIMAGE | CBEIF_OVERLAY | CBEIF_TEXTを設定します。

 アイテムの文字列はpszTextに文字列のポインタをセットします。通常時のイメージはiImageに、選択状態のイメージはiSelectedImageにイメージリストのインデックスをセットします。オーバーレイイメージはiOverlayに先ほど決めたオーバーレイイメージのインデックスをセットします。これはイメージリストのインデックスとは別なので注意が必要です。

 ここでは、1番目、2番目のアイテムに赤い顔、3番目のアイテムに青い顔を表示するようにしてみました。アイテムによってイメージリストのインデックスを変えているところに注意してください。

 では、ビルドして実行してみましょう。アイテムにイメージがついているのがわかります。通常状態、選択状態でイメージが変わります。また、オーバーレイイメージをつけているので、帽子をかぶった顔になっています。