MFC編 目次

 MFC全般

 

・MFCの開発環境をそろえよう
・MFCをスタティックリンクしたときに出るエラー
・関数追加時に出るエラー
・Windows XPスタイルの外観にする

 文字列操作

 

・CStringの基本1 文字列の連結と追加
・ATL/MFC共有版のCStringについて
・CStringと三項演算子の問題

 DDX/DDV

 

・DDXの基本1
・DDXの基本2
・DDX変数に複数コントロールを割り当てる
・DDX変数を配列にする

 ダイアログ

 

・ダイアログの色変更

 ボタン

 

・ボタンの基本

 チェックボックス

 

・チェックボックスの基本
・プッシュボタンのようなチェックボックス
・チェックボックスの色変更

 エディットボックス

 

・エディットボックスの基本
・エディットボックスの色変更

 コンボボックス

 

・コンボボックスの基本
・コンボボックスに初期データを入れる
・コンボボックスの色変更
・拡張コンボボックス

 リストボックス

 

・リストボックスの基本
・リストボックスの色変更
・チェックリストボックスを作る

 ラジオボタン

 

・ラジオボタンの基本
・ラジオボタンの色変更

 スタティックテキスト

 

・スタティックテキストの内容を動的に変更する
・スタティックテキストに複数行入力する
・スタティックテキストの文字色変更

 リストコントロール

 

・リストコントロールの基本1
・リストコントロールの基本2
・リストコントロールの一行全体を選択する
・リストコントロールを単一行選択にする
・フォーカスが移ったときも選択状態を維持する
・アイテムにユーザデータを付加する
・アイテムにアイコンをつける
・アイテムに状態イメージをつける
・ヘッダ項目にアイコンをつける

 ツリーコントロール

 

・ツリーコントロールの基本

 タブコントロール

 

・タブコントロールの基本1
・タブコントロールの基本2
・タブコントロールをXPスタイルにする

 スライダコントロール

 

・スライダコントロールの基本1
・スライダコントロールの基本2

 スピンコントロール

 

・スピンコントロールの基本

 プログレスバー

 

・プログレスバーの基本

 日時指定コントロール

 

・日時指定コントロールの基本

 月間予定表コントロール

 

・月間予定表コントロールの基本
・月間予定表のプロパティと色変更

 IPアドレスコントロール

 

・IPアドレスコントロールの基本
・IPアドレスコントロールの操作

 ピクチャーコントロール

 

・ピクチャーコントロールの基本

 アニメーションコントロール

 

・アニメーションコントロールの基本

 時刻管理

 

・CTimeとCTimeSpan
・CTimeの引数について

 メニュー

 

・ダイアログにメニューをつける
・ダイアログにポップアップメニューをつける

 ステータスバー

 

・ダイアログにステータスバーをつける
・ステータスバーに文字列を表示する

 プロパティシート

 

・プロパティシートの基本1
・プロパティシートの基本2

 コモンダイアログ

 

・ファイル選択ダイアログ
・フォント選択ダイアログ
・色選択ダイアログ

 ファイル入出力

 

・ファイル入出力の基本
・テキストファイルの入出力
・ファイルの検索、列挙1
・ファイルの検索、列挙2

 ネットワーク

 

・MFCソケット通信の基本 (クライアント編)
・MFCソケット通信の基本 (サーバ編)
・MFC非同期ソケット (クライアント編1)
・MFC非同期ソケット (クライアント編2)
・MFC非同期ソケット(サーバ編1)
・MFC非同期ソケット(サーバ編2)

 デバイスコンテキスト

 

・デバイスコンテキストの基本
・文字列の描画
・ペンを使った描画
・ブラシを使った描画1
・ブラシを使った描画2

 FTPクライアント

 

・FTPクライアントを作る1
・FTPクライアントを作る2
・FTPクライアントを作る3
・FTPクライアントを作る4
・FTPクライアントを作る5

 ドキュメント・ビュー

 

・ドキュメント・ビューの基本
・エディットビューの基本
・リストビューの基本
・ツリービューの基本
・フォームビューの基本

 ダイアログバー

 

・ダイアログバーの基本
・ダイアログにダイアログバーをつける

 

 

トップページへ戻る

ダイアログバーの基本

 (本項目はSDI/MDIベースアプリに関しての項目です。「ドキュメント・ビューの基本」を見ていない方は先にそちらを見てください。)

 今回はダイアログバーを作成してみます。ダイアログバーというのは、次のようなダイアログリソースを元にしたバーです。中にボタンやエディットボックスなどのコントロールを配置することができます。ダイアログバーはツールバーやステータスバーと同じ「コントロールバー」の一種です。

 ドキュメント・ビューにおけるコントロールバーの位置づけは、フレームウィンドウの子ウィンドウです。ビューもフレームウィンドウの子ウィンドウなので、コントロールバーとビューは同じ親を持った兄弟の関係になります。この関係をまず理解しておきましょう。これは後のコード作成で必要になってきます。

 今回は「ツリービューの基本」で作成したプロジェクトにダイアログバーを追加し、ダイアログバーで入力したアイテムをツリーに追加する機能をつけてみましょう。

 では、最初にダイアログバー用のダイアログリソースを作成します。今回はエディットボックスとボタン1つを追加しました。

 バーになるので、ダイアログの上下左右の余白は調整しておきましょう。グリップをつける場合は左側の余白を少し多めに取っておきます。

 ダイアログのプロパティは、「Style」を「子」に、「Border」を「なし」にします。

 次はメインフレームクラスにCDialogBarクラスのメンバを追加します。

 次はボタンのイベントハンドラを追加します。ここでハンドラを追加するクラスを選択できますが、どこに追加すればよいのでしょうか?今回はボタンが押されたらツリービューにアイテムを追加しようとしています。ここで先ほどの関係を思い出してみましょう。ダイアログバーとビューには直接のつながりはなく、共通の親であるフレームウィンドウを介してつながっています。ということは、ボタンのイベントはまず親であるフレームウィンドウに通知し、フレームウィンドウからビューへ通知するのが最も自然な流れです。

 というわけで、ここではCMainFrameクラスにハンドラを追加します。なお、場合によってはまずドキュメントを更新し、ドキュメントが更新されたことによってビューが更新されるということもあるでしょう。その場合は、ダイアログバー→フレームウィンドウ→ドキュメント→ビューというように通知が連鎖していきます。今回は特にドキュメントは使用していないので、フレームウィンドウから直接ビューに通知することにします。

 次は、ビュークラスに関数を追加します。この関数でフレームウィンドウからビューにアイテムの追加を通知します。引数でアイテムの文字列を渡すようにします。

 では、コードを実装していきましょう。まずはフレームウィンドウのOnCreate()関数です。ここでダイアログバーを作成します。

int CMainFrame::OnCreate(LPCREATESTRUCT lpCreateStruct)
{
    if (CFrameWnd::OnCreate(lpCreateStruct) == -1)
        return -1;
    
    if (!m_wndToolBar.CreateEx(this, TBSTYLE_FLAT, 
        WS_CHILD | WS_VISIBLE | CBRS_TOP | CBRS_GRIPPER | 
        CBRS_TOOLTIPS | CBRS_FLYBY | CBRS_SIZE_DYNAMIC) ||
        !m_wndToolBar.LoadToolBar(IDR_MAINFRAME))
    {
        TRACE0("ツール バーの作成に失敗しました。\n");
        return -1;      // 作成できませんでした。
    }
    
    if (!m_wndStatusBar.Create(this) ||
        !m_wndStatusBar.SetIndicators(indicators,
          sizeof(indicators)/sizeof(UINT)))
    {
        TRACE0("ステータス バーの作成に失敗しました。\n");
        return -1;      // 作成できませんでした。
    }
    
    // TODO: ツール バーをドッキング可能にしない場合は、
    // これらの 3 行を削除してください。
    m_wndToolBar.EnableDocking(CBRS_ALIGN_ANY);
    EnableDocking(CBRS_ALIGN_ANY);
    DockControlBar(&m_wndToolBar);
    
    // ダイアログバーの生成
    {
        int        err = 0;

        if (!err) if (!m_dlgBar.Create(this, IDD_DLGBAR, 
            CBRS_TOP | CBRS_GRIPPER , AFX_IDW_DIALOGBAR)) err = 1;
        if (!err)
        {
            m_dlgBar.EnableDocking(CBRS_ALIGN_ANY);
            DockControlBar(&m_dlgBar);
        }
    }
    return 0;
}

 ダイアログバーはCDialogBar::Create()関数で作成します。引数には親ウィンドウ、ダイアログリソースID、ダイアログバーを配置する位置等を指定します。ここではウィンドウの上部にダイアログバーを表示させるようにしています。また、左端にグリップをつける場合はnStyleにCBRS_GRIPPERを追加します。

virtual BOOL CDialogBar::Create(
CWnd* pParentWnd, UINT nIDTemplate, UINT nStyle, UINT nID);
説明: ダイアログバーの作成
引数: pParentWnd:親ウィンドウへのポインタ
nIDTemplate:ダイアログリソースのID
nStyle:ダイアログバーを配置する位置。CBRS_TOP、CBRS_BOTTOM、CBRS_NOALIGN、CBRS_LEFT、CBRS_RIGHTのどれか
nID:ダイアログバーのコントロールID
戻り値: 正常終了した場合は0以外。それ以外の場合は0

 次はダイアログバーをドッキング可能にします(しなくてもいいですが)。ドッキング可能にするとダイアログバーをドラッグして自由に位置を変えることができるようになります。ドッキング可能にしないと、ダイアログバーは最初の位置で固定になります。

 ドッキング可能にする場合、CControlBar::EnableDocking()関数でコントロールバーをドッキング可能にし、CFrameWnd::DockControlBar()関数でコントロールバーをドッキングします。

 では、次は「追加」ボタンのイベントハンドラです。

// "追加"ボタン押下
void CMainFrame::OnBnClickedBtnAdd()
{
    CTVView        *tvviewP = NULL;
    CString        itemStr;
    int            err = 0;
    
    // View取得
    if (!err) if ((tvviewP = 
        static_cast<CTVView *>(GetActiveView())) == NULL) err = 1;
    
    // ダイアログバーから文字列取得
    if (!err) if (!m_dlgBar.GetDlgItemText(IDC_EDIT_ITEM, itemStr)) err = 1;
    
    // Viewにアイテム追加
    if (!err) err = tvviewP->AddItem(itemStr);
}

 ここでは、ダイアログバーのエディットボックスから文字列を取得し、ビュークラスに追加した関数を呼んでいます。フレームウィンドウからのビューの取得は、CFrameWnd::GetActiveView()関数でできます。この関数は現在アクティブなビューのポインタを返します。今回はビューが1つなので必ずツリービューのポインタが返りますが、ビューが2つ以上ある場合は、現在のビューがどれであるのかということを気にする必要が出てきます。

 では、次はビュークラスに追加したアイテムの追加関数です。

// アイテム追加
int CTVView::AddItem(CString item)
{
    CTreeCtrl    &treeCtrl = GetTreeCtrl();
    HTREEITEM    hItem = NULL;
    int          err = 0;
    
    if (item.IsEmpty()) err = 1;
    if (!err)
    {
        hItem = treeCtrl.GetNextItem(TVI_ROOT, TVGN_CARET);
        if (!treeCtrl.InsertItem(item, hItem ? hItem : TVI_ROOT)) err = 1;
    }
    return err;
}

 ツリーコントロールへのアイテムの追加は「ツリーコントロールの基本」でやりました。詳しくはそちらを見てください。

 では、ビルドして実行してみましょう。ダイアログバーに文字列を入力し、「追加」ボタンを押すと、ツリービューにアイテムが追加されます。