MFC編 目次

 MFC全般

 

・MFCの開発環境をそろえよう
・MFCをスタティックリンクしたときに出るエラー
・関数追加時に出るエラー
・Windows XPスタイルの外観にする

 文字列操作

 

・CStringの基本1 文字列の連結と追加
・ATL/MFC共有版のCStringについて
・CStringと三項演算子の問題

 DDX/DDV

 

・DDXの基本1
・DDXの基本2
・DDX変数に複数コントロールを割り当てる
・DDX変数を配列にする

 ダイアログ

 

・ダイアログの色変更

 ボタン

 

・ボタンの基本

 チェックボックス

 

・チェックボックスの基本
・プッシュボタンのようなチェックボックス
・チェックボックスの色変更

 エディットボックス

 

・エディットボックスの基本
・エディットボックスの色変更

 コンボボックス

 

・コンボボックスの基本
・コンボボックスに初期データを入れる
・コンボボックスの色変更
・拡張コンボボックス

 リストボックス

 

・リストボックスの基本
・リストボックスの色変更
・チェックリストボックスを作る

 ラジオボタン

 

・ラジオボタンの基本
・ラジオボタンの色変更

 スタティックテキスト

 

・スタティックテキストの内容を動的に変更する
・スタティックテキストに複数行入力する
・スタティックテキストの文字色変更

 リストコントロール

 

・リストコントロールの基本1
・リストコントロールの基本2
・リストコントロールの一行全体を選択する
・リストコントロールを単一行選択にする
・フォーカスが移ったときも選択状態を維持する
・アイテムにユーザデータを付加する
・アイテムにアイコンをつける
・アイテムに状態イメージをつける
・ヘッダ項目にアイコンをつける

 ツリーコントロール

 

・ツリーコントロールの基本

 タブコントロール

 

・タブコントロールの基本1
・タブコントロールの基本2
・タブコントロールをXPスタイルにする

 スライダコントロール

 

・スライダコントロールの基本1
・スライダコントロールの基本2

 スピンコントロール

 

・スピンコントロールの基本

 プログレスバー

 

・プログレスバーの基本

 日時指定コントロール

 

・日時指定コントロールの基本

 月間予定表コントロール

 

・月間予定表コントロールの基本
・月間予定表のプロパティと色変更

 IPアドレスコントロール

 

・IPアドレスコントロールの基本
・IPアドレスコントロールの操作

 ピクチャーコントロール

 

・ピクチャーコントロールの基本

 アニメーションコントロール

 

・アニメーションコントロールの基本

 時刻管理

 

・CTimeとCTimeSpan
・CTimeの引数について

 メニュー

 

・ダイアログにメニューをつける
・ダイアログにポップアップメニューをつける

 ステータスバー

 

・ダイアログにステータスバーをつける
・ステータスバーに文字列を表示する

 プロパティシート

 

・プロパティシートの基本1
・プロパティシートの基本2

 コモンダイアログ

 

・ファイル選択ダイアログ
・フォント選択ダイアログ
・色選択ダイアログ

 ファイル操作

 

・ファイル入出力の基本
・テキストファイルの入出力
・ファイルの検索、列挙1
・ファイルの検索、列挙2

 ネットワーク

 

・MFCソケット通信の基本 (クライアント編)
・MFCソケット通信の基本 (サーバ編)
・MFC非同期ソケット (クライアント編1)
・MFC非同期ソケット (クライアント編2)
・MFC非同期ソケット(サーバ編1)
・MFC非同期ソケット(サーバ編2)

 デバイスコンテキスト

 

・デバイスコンテキストの基本
・文字列の描画
・ペンを使った描画
・ブラシを使った描画1
・ブラシを使った描画2

 FTPクライアント

 

・FTPクライアントを作る1
・FTPクライアントを作る2
・FTPクライアントを作る3
・FTPクライアントを作る4
・FTPクライアントを作る5

 ドキュメント・ビュー

 

・ドキュメント・ビューの基本
・エディットビューの基本
・リストビューの基本
・ツリービューの基本
・フォームビューの基本

 ダイアログバー

 

・ダイアログバーの基本
・ダイアログにダイアログバーをつける

 

 

トップページへ戻る

ファイルの検索、列挙1

 今回は、あるディレクトリの中のファイルやディレクトリを1つずつ取得(列挙)していく方法を見ていきます。エクスプローラのようなアプリを作る場合はこれが要になります。

 今回はちょっとだけ手の込んだ次のようなものを作ってみます。

 リストコントロールにファイルとディレクトリ一覧を表示し、ディレクトリがダブルクリックされたらそのディレクトリに移動します。「上へ」ボタンが押されたら親ディレクトリに移動します。ファイルやディレクトリにはアイコンも表示させます。エディットボックスにはカレントディレクトリを表示します。

 エクスプローラの原型のようなものですね。これだけでCドライブの中を自由に移動できます。

 今回のメインテーマはファイル列挙の部分ですが、他の章で解説している知識も動員していきます。「ボタンの基本」「エディットボックスの基本」「リストコントロールの基本」「アイテムにユーザデータを付加する」「アイテムにアイコンをつける」を見ていない方はまずそちらを先に見てください。

 では、ダイアログを作りましょう。リストコントロールは「View」を「レポート」に、「Sort」を「昇順」に、カレントディレクトリ表示用のエディットボックスは「Read Only」を「True」にしておきます。

 次はDDX変数を追加します。エディットボックスはValue型の変数を、リストコントロールはControl型の変数を追加しましょう。

CString    m_xvEditPath;
CListCtrl  m_xcList;

 次はアイコン用のイメージリストをダイアログのメンバ変数に追加しておきます。

CImageList m_imageList;

 次はイベントハンドラです。「上へ」ボタンは「BN_CLICKED」のハンドラを、リストコントロールは「NM_DBLCLK」のハンドラを追加します。このハンドラはリストアイテムがダブルクリックされたときに呼び出されます。

 これで下準備が整いました。では、コードの方を実装していきましょう。まずはOnInitDialog()での初期化処理です。

BOOL CFileFindDlg::OnInitDialog()
{
    CDialog::OnInitDialog();
    
    SetIcon(m_hIcon, TRUE);         // 大きいアイコンの設定
    SetIcon(m_hIcon, FALSE);        // 小さいアイコンの設定
    
    // TODO: 初期化をここに追加します。
    {
        ListInit();
        m_xvEditPath = _T("C:\\");
        Refresh();
        UpdateData(FALSE);
    }

    return TRUE;
}

 ListInit()、Refresh()は後述する自作関数です。ListInit()はリストコントロールの初期化、Refresh()はリストの内容を最新の状態に更新します。カレントディレクトリの初期値はCドライブのルートに設定しています。

 では、リストコントロール初期化関数です。

// リストコントロール初期化
int CFileFindDlg::ListInit(void)
{
    LVCOLUMN    lvc;
    TCHAR       caption[32] = _T("名前");
    int         err = 0;
    
    // イメージリストの初期化
    if (!err) if (!m_imageList.Create(16, 16, ILC_COLOR24, 2, 1)) err = 1;
    
    // イメージリストをリストコントロールにセット
    if (!err) m_xcList.SetImageList(&m_imageList, LVSIL_SMALL);
    
    // カラム作成
    if (!err)
    {
        lvc.mask = LVCF_WIDTH | LVCF_TEXT | LVCF_SUBITEM;    // 有効フラグ
        lvc.iSubItem    = 0;            // サブアイテム番号
        lvc.pszText     = caption;      // 見出しテキスト
        lvc.cx          = 300;          // 横幅
        if (m_xcList.InsertColumn(0, &lvc) == -1) err = 1;
    }
    
    return err;
}

 今回はカラムを一つだけ作成しています。CImageList::Create()関数でイメージリストを初期化します。レポートビューなので、アイコンの大きさは16x16になります。色数は規定のILC_COLORだと16色までしか表示できないので、ILC_COLOR24を指定します。

 では、次は表示を更新するRefresh()関数を見てみましょう。

// 表示更新
int CFileFindDlg::Refresh()
{
    CFileFind    finder;
    BOOL         bWorking = finder.FindFile(m_xvEditPath +_T("*"));
    CString      str;
    int          err = 0;
    
    ListDeleteItem();
    
    // カレントディレクトリのファイルを検索
    while (bWorking)
    {
        bWorking = finder.FindNextFile();
        
        if (finder.IsDots()) continue;
        
        err = ListInsertItem(finder.GetFilePath(), 
            finder.GetFileName(), finder.IsDirectory());
    }
    finder.Close();
    
    return err;
}

 ここが今回のメインであるディレクトリの中のファイルを列挙する部分です。ListDeleteItem()、ListInsertItem()は後述する自作の関数です。ListDeleteItem()はリストアイテムの全削除、ListInsertItem()はリストアイテムを1つ追加します。

 ファイルの列挙にはCFileFindクラスを使います。最初にCFileFind::FindFile()関数で検索するパスを指定します。これはワイルドカードを使って指定します。

virtual BOOL CFileFind::FindFile(LPCTSTR pstrName = NULL, DWORD dwUnused = 0);
説明: ファイル検索を開始
引数: pstrName:検索するファイル名
戻り値: 正常終了した場合は0以外。それ以外の場合は0

 次にCFileFind::FindNextFile()関数を呼び出すごとに1つずつファイルが取得されます。FindNextFile()関数は最後のファイルを取得したときに0を返します。

virtual BOOL CFileFind::FindNextFile();
説明: 次のファイル検索する
引数: なし
戻り値: まだファイルがある場合は0以外。ディレクトリ内の最後のファイルを取得した場合やエラーが発生した場合は0

 取得できるファイルには"."(カレントディレクトリ)と".."(親ディレクトリ)が含まれます。今回の場合はこの2つは必要ありません。取得したファイルがこの2つかどうかは、CFileFind::IsDots()関数で判断できます。

virtual BOOL CFileFind::IsDots() const;
説明: 取得したファイルが"."または".."であるかどうかを判断する
引数: なし
戻り値: 取得したファイルが"."または".."である場合は0以外。それ以外の場合は0

 取得したファイルのパスはCFileFind::GetFilePath()関数で、ファイル名はCFileFind::GetFileName()関数で、ディレクトリかどうかはCFileFind::IsDirectory()関数でそれぞれ取得できます。

virtual CString CFileFind::GetFilePath() const;
説明: 取得したファイルのファイルパスを取得
引数: なし
戻り値: ファイルパス

virtual CString CFileFind::GetFileName() const;
説明: 取得したファイルのファイル名を取得
引数: なし
戻り値: ファイル名

BOOL CFileFind::IsDirectory() const;
説明: 取得したファイルがディレクトリであるかどうかを判断する
引数: なし
戻り値: 取得したファイルがディレクトリである場合は0以外。それ以外の場合は0

 ということで、今回はここで一区切りにしましょう。次回はリストアイテムの追加関数から解説していきます。