MFC編 目次

 MFC全般

 

・MFCの開発環境をそろえよう
・MFCをスタティックリンクしたときに出るエラー
・関数追加時に出るエラー
・Windows XPスタイルの外観にする

 文字列操作

 

・CStringの基本1 文字列の連結と追加
・ATL/MFC共有版のCStringについて
・CStringと三項演算子の問題

 DDX/DDV

 

・DDXの基本1
・DDXの基本2
・DDX変数に複数コントロールを割り当てる
・DDX変数を配列にする

 ダイアログ

 

・ダイアログの色変更

 ボタン

 

・ボタンの基本

 チェックボックス

 

・チェックボックスの基本
・プッシュボタンのようなチェックボックス
・チェックボックスの色変更

 エディットボックス

 

・エディットボックスの基本
・エディットボックスの色変更

 コンボボックス

 

・コンボボックスの基本
・コンボボックスに初期データを入れる
・コンボボックスの色変更
・拡張コンボボックス

 リストボックス

 

・リストボックスの基本
・リストボックスの色変更
・チェックリストボックスを作る

 ラジオボタン

 

・ラジオボタンの基本
・ラジオボタンの色変更

 スタティックテキスト

 

・スタティックテキストの内容を動的に変更する
・スタティックテキストに複数行入力する
・スタティックテキストの文字色変更

 リストコントロール

 

・リストコントロールの基本1
・リストコントロールの基本2
・リストコントロールの一行全体を選択する
・リストコントロールを単一行選択にする
・フォーカスが移ったときも選択状態を維持する
・アイテムにユーザデータを付加する

 ツリーコントロール

 

・ツリーコントロールの基本

 タブコントロール

 

・タブコントロールの基本1
・タブコントロールの基本2
・タブコントロールをXPスタイルにする

 スピンコントロール

 

・スピンコントロールの基本

 プログレスバー

 

・プログレスバーの基本

 日時指定コントロール

 

・日時指定コントロールの基本

 月間予定表コントロール

 

・月間予定表コントロールの基本
・月間予定表のプロパティと色変更

 IPアドレスコントロール

 

・IPアドレスコントロールの基本

 時刻管理

 

・CTimeとCTimeSpan
・CTimeの引数について

 メニュー

 

・ダイアログにメニューをつける
・ダイアログにポップアップメニューをつける

 ステータスバー

 

・ダイアログにステータスバーをつける
・ステータスバーに文字列を表示する

 プロパティシート

 

・プロパティシートの基本1
・プロパティシートの基本2

 コモンダイアログ

 

・ファイル選択ダイアログ
・フォント選択ダイアログ
・色選択ダイアログ

 ファイル入出力

 

・ファイル入出力の基本
・テキストファイルの入出力

 ネットワーク

 

・MFCソケット通信の基本 (クライアント編)
・MFCソケット通信の基本 (サーバ編)
・MFC非同期ソケット (クライアント編1)
・MFC非同期ソケット (クライアント編2)
・MFC非同期ソケット(サーバ編1)
・MFC非同期ソケット(サーバ編2)

 デバイスコンテキスト

 

・デバイスコンテキストの基本
・文字列の描画
・ペンを使った描画
・ブラシを使った描画1
・ブラシを使った描画2

 FTPクライアント

 

・FTPクライアントを作る1
・FTPクライアントを作る2
・FTPクライアントを作る3
・FTPクライアントを作る4
・FTPクライアントを作る5

 ドキュメント・ビュー

 

・ドキュメント・ビューの基本
・エディットビューの基本
・リストビューの基本
・ツリービューの基本
・フォームビューの基本

 ダイアログバー

 

・ダイアログバーの基本
・ダイアログにダイアログバーをつける

 

 

トップページへ戻る

ダイアログにポップアップメニューをつける

 今回はダイアログにポップアップメニューをつけてみましょう。ポップアップメニューというのは、通常、右クリックをしたときに出てくる動的なメニューです。

 今回もダイアログベースでプロジェクトを作成します。ポップアップメニューを追加するために、まずはメニューリソースを作成します。リソースエディタから、リソースの追加で「Menu」を選択し、新規作成します。

 メニューエディタで、「新しい項目を挿入」を選択します。

 ここで出てくる上下方向に並んだメニューがポップアップメニューになります。ウインドウの上部に置かれる通常のメニューは、左右方向に並んだメニューを選択したときにポップアップメニューが表示されますが、今回はポップアップメニューしか使わないので、左右方向のメニューは空欄で大丈夫です。今回は「OK」と「キャンセル」の2つの項目を追加しました。

 次にメニュー項目のプロパティを設定します。ここではIDを設定します。他はデフォルトでOKです。

 次はダイアログを右クリックしたときのイベントハンドラを追加します。右クリックはボタンダウン、ボタンアップの2種類のイベントがありますが、ボタンアップでポップアップメニューを出すのが一般的です。ダイアログのプロパティから、「WM_RBUTTONUP」を選択し、イベントハンドラを追加します。

 では、右クリックしたときのイベントハンドラを実装していきましょう。次のようなコードを追加します。

// "右クリック"
void CMenuDlg::OnRButtonUp(UINT nFlags, CPoint point)
{
    CMenu    *popupMenuP = NULL;
    CMenu    cMenu;
    int      err = 0;
    
    // メニューをロード
    if (!err) if (!cMenu.LoadMenu(IDR_MENU1)) err = 1;
    // サブメニューを取得
    if (!err) if ((popupMenuP = cMenu.GetSubMenu(0)) == NULL) err = 1;
    // メニューをポップアップ
    if (!err)
    {
        ClientToScreen(&point);
        if (!popupMenuP->TrackPopupMenu(
            TPM_LEFTBUTTON, point.x, point.y, this)) err = 1;
    }
    // メニューを破棄
    cMenu.DestroyMenu();
    
    CDialog::OnRButtonUp(nFlags, point);
}

 メニューの操作はCMenuクラスのオブジェクトを使います。まずは、CMenu::LoadMenu()関数で、メニューリソースからメニューを読み込みます。

BOOL CMenu::LoadMenu(UINT nIDResource);
説明: メニューリソースからメニューを読み込む
引数: nIDResource :メニューリソースID
戻り値: 正常に読み込んだ場合は0以外。それ以外の場合は0

 次はCMenu::GetSubMenu()関数で、ポップアップメニューを取得します。

CMenu* CMenu::GetSubMenu(int nPos) const;
説明: ポップアップメニューを取得
引数: nPos :メニュー内のポップアップメニューの位置。最初の位置は0
戻り値: CMenuオブジェクトへのポインタ。取得できなかった場合はNULL

 次はCMenu::TrackPopupMenu()関数で、ポップアップメニューを表示しますが、表示する位置を指定するために、WM_RBUTTONUPのパラメータ、pointを使います。このパラメータはクライアント座標(ダイアログのクライアント領域の左上からの座標)なので、CWnd::ClientToScreen()関数で、スクリーン座標(デスクトップの左上からの座標)に変換しておきます。

 CMenu::TrackPopupMenu()関数はポップアップメニューを表示します。この関数はメニューが閉じられるまで制御を返しません。

BOOL CMenu::TrackPopupMenu(UINT nFlags, int x, int y, CWnd* pWnd, LPCRECT lpRect = 0);
説明: ポップアップメニューの表示
引数: nFlags :表示位置とマウスボタンに関するフラグ。TPM_LEFTALIGNの場合、指定したx座標に左辺を合わせる。
x:表示位置のx座標。nFlagsにより左辺、右辺、中央は変わる。(スクリーン座標)
y:表示位置のy座標(上辺の座標)。(スクリーン座標)
pWnd:ポップアップメニューを所有するウィンドウ
戻り値: 正常終了した場合は0以外。それ以外の場合は0

 メニューが閉じられたら、CMenu::DestroyMenu()関数でメニューを破棄します。

 次は、各メニューが選択されたときのイベントハンドラを追加しましょう。メニューエディタから、「イベントハンドラの追加」を選択します。

 「メッセージの種類」に「COMMAND」を選択し、「クラスの一覧」でダイアログクラスを選択します。

 イベントハンドラの内容は次のようにしました。今回は、"OK"、"キャンセル"ボタンと同じ動作をさせるだけなので、OnOK()、OnCancel()をそのまま呼び出しています。

// メニュー"OK"
void CMenuDlg::OnMenuOk()
{
    OnOK();
}

// メニュー"キャンセル"
void CMenuDlg::OnMenuCancel()
{
    OnCancel();
}

 では、ビルドして実行してみましょう。ダイアログ上で右クリックすると、ポップアップメニューが表示されます。メニューを選択すると、"OK"、"キャンセル"ボタンと同じ動作をします。