MFC編 目次

 MFC全般

 

・MFCの開発環境をそろえよう
・MFCをスタティックリンクしたときに出るエラー
・関数追加時に出るエラー
・Windows XPスタイルの外観にする

 文字列操作

 

・CStringの基本1 文字列の連結と追加
・ATL/MFC共有版のCStringについて
・CStringと三項演算子の問題

 DDX/DDV

 

・DDXの基本1
・DDXの基本2
・DDX変数に複数コントロールを割り当てる
・DDX変数を配列にする

 ダイアログ

 

・ダイアログの色変更

 ボタン

 

・ボタンの基本

 チェックボックス

 

・チェックボックスの基本
・プッシュボタンのようなチェックボックス
・チェックボックスの色変更

 エディットボックス

 

・エディットボックスの基本
・エディットボックスの色変更

 コンボボックス

 

・コンボボックスの基本
・コンボボックスに初期データを入れる
・コンボボックスの色変更
・拡張コンボボックス

 リストボックス

 

・リストボックスの基本
・リストボックスの色変更
・チェックリストボックスを作る

 ラジオボタン

 

・ラジオボタンの基本
・ラジオボタンの色変更

 スタティックテキスト

 

・スタティックテキストの内容を動的に変更する
・スタティックテキストに複数行入力する
・スタティックテキストの文字色変更

 リストコントロール

 

・リストコントロールの基本1
・リストコントロールの基本2
・リストコントロールの一行全体を選択する
・リストコントロールを単一行選択にする
・フォーカスが移ったときも選択状態を維持する
・アイテムにユーザデータを付加する
・アイテムにアイコンをつける
・アイテムに状態イメージをつける
・ヘッダ項目にアイコンをつける

 ツリーコントロール

 

・ツリーコントロールの基本

 タブコントロール

 

・タブコントロールの基本1
・タブコントロールの基本2
・タブコントロールをXPスタイルにする

 スライダコントロール

 

・スライダコントロールの基本1
・スライダコントロールの基本2

 スピンコントロール

 

・スピンコントロールの基本

 プログレスバー

 

・プログレスバーの基本

 日時指定コントロール

 

・日時指定コントロールの基本

 月間予定表コントロール

 

・月間予定表コントロールの基本
・月間予定表のプロパティと色変更

 IPアドレスコントロール

 

・IPアドレスコントロールの基本
・IPアドレスコントロールの操作

 ピクチャーコントロール

 

・ピクチャーコントロールの基本

 アニメーションコントロール

 

・アニメーションコントロールの基本

 時刻管理

 

・CTimeとCTimeSpan
・CTimeの引数について

 メニュー

 

・ダイアログにメニューをつける
・ダイアログにポップアップメニューをつける

 ステータスバー

 

・ダイアログにステータスバーをつける
・ステータスバーに文字列を表示する

 プロパティシート

 

・プロパティシートの基本1
・プロパティシートの基本2

 コモンダイアログ

 

・ファイル選択ダイアログ
・フォント選択ダイアログ
・色選択ダイアログ

 ファイル入出力

 

・ファイル入出力の基本
・テキストファイルの入出力
・ファイルの検索、列挙1
・ファイルの検索、列挙2

 ネットワーク

 

・MFCソケット通信の基本 (クライアント編)
・MFCソケット通信の基本 (サーバ編)
・MFC非同期ソケット (クライアント編1)
・MFC非同期ソケット (クライアント編2)
・MFC非同期ソケット(サーバ編1)
・MFC非同期ソケット(サーバ編2)

 デバイスコンテキスト

 

・デバイスコンテキストの基本
・文字列の描画
・ペンを使った描画
・ブラシを使った描画1
・ブラシを使った描画2

 FTPクライアント

 

・FTPクライアントを作る1
・FTPクライアントを作る2
・FTPクライアントを作る3
・FTPクライアントを作る4
・FTPクライアントを作る5

 ドキュメント・ビュー

 

・ドキュメント・ビューの基本
・エディットビューの基本
・リストビューの基本
・ツリービューの基本
・フォームビューの基本

 ダイアログバー

 

・ダイアログバーの基本
・ダイアログにダイアログバーをつける

 

 

トップページへ戻る

プロパティシートの基本2

 前回はプロパティシートクラスのメンバとしてプロパティページを追加しましたが、これだけではプロパティシートに追加されません。プロパティシートにプロパティページを追加するには、CPropertySheet::AddPage()関数を使います。

 追加したプロパティシートクラスのコンストラクタで次のようにプロパティページを追加します。

CPropSheetOpt::CPropSheetOpt(UINT nIDCaption, CWnd* pParentWnd, 
    UINT iSelectPage) :CPropertySheet(nIDCaption, pParentWnd, iSelectPage)
{
    AddPage(&m_propDisp);
    AddPage(&m_propKind);
}

CPropSheetOpt::CPropSheetOpt(LPCTSTR pszCaption, CWnd* pParentWnd, 
    UINT iSelectPage) :CPropertySheet(pszCaption, pParentWnd, iSelectPage)
{
    AddPage(&m_propDisp);
    AddPage(&m_propKind);
}

 ところで、"OK"ボタンを押したときはOnOk()関数が呼び出されますが、プロパティシートでは、"OK"ボタンを押したときは、各プロパティページのOnOk()が順番に呼び出されます。ですので、"OK"ボタンが押されたときの処理を記述するために、OnOk()関数をオーバーライドします。

 クラスビューから各プロパティページクラスを選択し、プロパティから箱?のアイコンをクリックし、OnOk()を選択してオーバーライド関数を追加します。

 "OK"ボタンを押すとプロパティシートは消えてしまうので、プロパティページで設定された値を呼び出し元に返すためには、何らかの方法をとらなければいけません。今回は設定された値をレジストリに格納して渡すようにしました。各プロパティページのOnOk()関数は次のようにしました。

// "OK"ボタン押下
void CPropKind::OnOK()
{
    UpdateData();
    AfxGetApp()->WriteProfileInt(_T("Option"), _T("kind"), m_xvRadioKind);
    
    CPropertyPage::OnOK();
}

// "OK"ボタン押下
void CPropDisp::OnOK()
{
    UpdateData();
    AfxGetApp()->WriteProfileInt(_T("Option"), _T("Disp"), m_xvChkDisp);

    CPropertyPage::OnOK();
}

 次は、呼び出し元になるダイアログで"オプション"ボタンを押したときのイベントハンドラを記述します。プロパティシートはダイアログの一種なので、普通のダイアログと呼び出し方法は同じです。オブジェクトを作って、CPropertySheet::DoModal()関数を実行すると、プロパティシートが表示されます。

 "OK"ボタンが押されたときは、レジストリから設定値を読み込んで、エディットボックスに表示しています。

// "オプション"ボタン押下
void CPropertyDlg::OnBnClickedOption()
{
    CPropSheetOpt   cPropOpt(_T("オプション"), this);
    bool            disp;
    unsigned int    kind;
    CString         str;
    
    if (cPropOpt.DoModal() == IDOK)
    {
        disp = (AfxGetApp()->GetProfileInt(_T("Option"), _T("Disp"), 0)) ? true : false;
        kind = AfxGetApp()->GetProfileInt(_T("Option"), _T("Kind"), 0);

        m_xvEditRes = (kind == 0) ? _T("テキスト") : 
            (kind == 1) ? _T("画像") : _T("画像とテキスト");
        m_xvEditRes = m_xvEditRes +_T("が表示") 
            +(disp ? _T("されます。") : _T("されません。"));
        UpdateData(FALSE);
    }
    return;
}

 補足しておくと、プロパティページとDDX変数をpublicにすると、cPropOpt.m_propDisp.m_xvChkDispのようにして直に値を読むことができるようになりますが、このようなことはしてはいけません。これは、変数をカプセル化して安全性を確保しているためです。詳しくはオブジェクト指向設計の話になりますので、ここではこれ以上の説明はしないことにします。

 では、ビルドして実行してみましょう。プロパティシートで設定した値がエディットボックスに表示されていますね。