MFC編 目次

 MFC全般

 

・MFCの開発環境をそろえよう
・MFCをスタティックリンクしたときに出るエラー
・関数追加時に出るエラー
・Windows XPスタイルの外観にする

 文字列操作

 

・CStringの基本1 文字列の連結と追加
・ATL/MFC共有版のCStringについて
・CStringと三項演算子の問題

 DDX/DDV

 

・DDXの基本1
・DDXの基本2
・DDX変数に複数コントロールを割り当てる
・DDX変数を配列にする

 ダイアログ

 

・ダイアログの色変更

 ボタン

 

・ボタンの基本

 チェックボックス

 

・チェックボックスの基本
・プッシュボタンのようなチェックボックス
・チェックボックスの色変更

 エディットボックス

 

・エディットボックスの基本
・エディットボックスの色変更

 コンボボックス

 

・コンボボックスの基本
・コンボボックスに初期データを入れる
・コンボボックスの色変更
・拡張コンボボックス

 リストボックス

 

・リストボックスの基本
・リストボックスの色変更
・チェックリストボックスを作る

 ラジオボタン

 

・ラジオボタンの基本
・ラジオボタンの色変更

 スタティックテキスト

 

・スタティックテキストの内容を動的に変更する
・スタティックテキストに複数行入力する
・スタティックテキストの文字色変更

 リストコントロール

 

・リストコントロールの基本1
・リストコントロールの基本2
・リストコントロールの一行全体を選択する
・リストコントロールを単一行選択にする
・フォーカスが移ったときも選択状態を維持する
・アイテムにユーザデータを付加する
・アイテムにアイコンをつける
・アイテムに状態イメージをつける
・ヘッダ項目にアイコンをつける

 ツリーコントロール

 

・ツリーコントロールの基本

 タブコントロール

 

・タブコントロールの基本1
・タブコントロールの基本2
・タブコントロールをXPスタイルにする

 スライダコントロール

 

・スライダコントロールの基本1
・スライダコントロールの基本2

 スピンコントロール

 

・スピンコントロールの基本

 プログレスバー

 

・プログレスバーの基本

 日時指定コントロール

 

・日時指定コントロールの基本

 月間予定表コントロール

 

・月間予定表コントロールの基本
・月間予定表のプロパティと色変更

 IPアドレスコントロール

 

・IPアドレスコントロールの基本
・IPアドレスコントロールの操作

 ピクチャーコントロール

 

・ピクチャーコントロールの基本

 アニメーションコントロール

 

・アニメーションコントロールの基本

 時刻管理

 

・CTimeとCTimeSpan
・CTimeの引数について

 メニュー

 

・ダイアログにメニューをつける
・ダイアログにポップアップメニューをつける

 ステータスバー

 

・ダイアログにステータスバーをつける
・ステータスバーに文字列を表示する

 プロパティシート

 

・プロパティシートの基本1
・プロパティシートの基本2

 コモンダイアログ

 

・ファイル選択ダイアログ
・フォント選択ダイアログ
・色選択ダイアログ

 ファイル入出力

 

・ファイル入出力の基本
・テキストファイルの入出力
・ファイルの検索、列挙1
・ファイルの検索、列挙2

 ネットワーク

 

・MFCソケット通信の基本 (クライアント編)
・MFCソケット通信の基本 (サーバ編)
・MFC非同期ソケット (クライアント編1)
・MFC非同期ソケット (クライアント編2)
・MFC非同期ソケット(サーバ編1)
・MFC非同期ソケット(サーバ編2)

 デバイスコンテキスト

 

・デバイスコンテキストの基本
・文字列の描画
・ペンを使った描画
・ブラシを使った描画1
・ブラシを使った描画2

 FTPクライアント

 

・FTPクライアントを作る1
・FTPクライアントを作る2
・FTPクライアントを作る3
・FTPクライアントを作る4
・FTPクライアントを作る5

 ドキュメント・ビュー

 

・ドキュメント・ビューの基本
・エディットビューの基本
・リストビューの基本
・ツリービューの基本
・フォームビューの基本

 ダイアログバー

 

・ダイアログバーの基本
・ダイアログにダイアログバーをつける

 

 

トップページへ戻る

FTPクライアントを作る1

 これから何回かに分けてFTPクライアントのプログラムを作っていきたいと思います。FTPというのはファイル転送プロトコル(File Transfer Protocol)のことで、コンピュータ間でファイルを送受信するのに広く使われています。

 作るものは次のようなソフトです。

・指定したサーバにユーザ、パスワードを指定して接続、切断
・ファイルリストの取得、表示、ディレクトリの移動
・ファイルのアップロード、ダウンロード
・ディレクトリの作成、削除、ファイル削除、ファイル名変更
・ファイル内容の表示

といった、FTPの基本機能をフルに備えたものを作ってしまいます。これだけでFTPクライアントとして十分使えるものになっています。こんな本格的なアプリでもMFCのFTPクラスを使えば比較的簡単に作ることができます。

 では、まずはユーザインターフェースから作成していきましょう。ダイアログベースでプロジェクトを作成し、次のようなダイアログを作ります。

 操作するのはボタンとエディットボックス、リストボックスだけなので難しいことはないですね。この辺のコントロールについては「ボタンの基本」「エディットボックスの基本」「リストボックスの基本」も参照してください。

 パスワードのエディットボックスは、「Password」を「True」にしておきます。こうするとエディットボックスに入力された文字列がアスタリスク表示になります。

 では次にいつもどおりコントロールにDDX変数を追加していきます。追加した変数は次のようになります。

アクセス タイプ データ型 変数名
private value CString m_xvEditServer
private value CString m_xvEditUser
private value CString m_xvEditPass
private value CString m_xvEditCurDir
private control CListBox m_xcList

 各ボタンには、それぞれBN_CLICKEDのイベントハンドラを追加していきます。イベントハンドラの追加でもいいですが、ボタンをダブルクリックしても追加できます。

 これでスケルトンが出来上がりました。あとはコードをサクサクと実装していくのみです。

 それでは、実装の前にMFCのFTPクラスについて少し解説しておきましょう。MFCではHTTP、FTP、Gopherの3つのプロトコルを同じ方法で扱えるようなクラスが用意されています。とはいってもこの3つのプロトコルは中身は全く違います。「全く違うものをなるべく同じように扱えるようにした」といったほうが正解かもしれません。

 まず、親になるのがCInternetSessionというクラスです。これがプロトコルによらず、接続と切断を管理しています。FTPの操作をしたい場合は、CInternetSession::GetFtpConnection()関数を呼び出します。FTPサーバへの接続がうまくいけば、CFtpConnectionというクラスへのポインタが返ります。FTPの操作はこのクラスの関数を使って行います。終了したら、CInternetSession::Close()関数を呼び出すか、CInternetSessionクラスのオブジェクトを破棄すれば切断されます。

 基本的なプログラムの流れは、
1.CInternetSessionクラスのオブジェクトを作成する。
2.CInternetSession::GetFtpConnection()関数でFTP接続する。
3.CFtpConnectionクラスを使ってFTPのいろいろな操作をする。
4.CInternetSessionクラスのオブジェクトを破棄して切断。

といったところです。これがHTTPになると、GetFtpConnection()がGetHttpConnection()に、CFtpConnectionクラスがCHttpConnectionクラスに変わるだけです。プログラムにすれば核になる部分は結局はたった数行でできてしまいます。

 これがMFCの便利クラスを使わないで自前で実装しようとすると、FTPのコマンドの送受信やデータ転送をソケットを使ってコツコツと作っていかないといけなくなります。プロトコルの中身の知識も必要になってくるので相当大変です。管理人はそういうのも作ったことがあるので、MFCは便利だなぁ〜と改めて思います。

 ちなみにMFCのクラスでできるのはFTPクライアントだけです。FTPサーバを作りたいと思ったら、やっぱり自前でコツコツと作るしかありません。

 では、CInternetSessionクラスとCFtpConnectionクラスのオブジェクトのポインタをダイアログのメンバ変数に追加しておきましょう。これらは動的に生成、破棄されるのでポインタで持っておきます。

CInternetSession    *m_iSessionP;
CFtpConnection      *m_ftpConP;

 次回からはコードを実装していきます。