MFC編 目次

 MFC全般

 

・MFCの開発環境をそろえよう
・MFCをスタティックリンクしたときに出るエラー
・関数追加時に出るエラー
・Windows XPスタイルの外観にする

 文字列操作

 

・CStringの基本1 文字列の連結と追加
・ATL/MFC共有版のCStringについて
・CStringと三項演算子の問題

 DDX/DDV

 

・DDXの基本1
・DDXの基本2
・DDX変数に複数コントロールを割り当てる
・DDX変数を配列にする

 ダイアログ

 

・ダイアログの色変更

 ボタン

 

・ボタンの基本

 チェックボックス

 

・チェックボックスの基本
・プッシュボタンのようなチェックボックス
・チェックボックスの色変更

 エディットボックス

 

・エディットボックスの基本
・エディットボックスの色変更

 コンボボックス

 

・コンボボックスの基本
・コンボボックスに初期データを入れる
・コンボボックスの色変更
・拡張コンボボックス

 リストボックス

 

・リストボックスの基本
・リストボックスの色変更
・チェックリストボックスを作る

 ラジオボタン

 

・ラジオボタンの基本
・ラジオボタンの色変更

 スタティックテキスト

 

・スタティックテキストの内容を動的に変更する
・スタティックテキストに複数行入力する
・スタティックテキストの文字色変更

 リストコントロール

 

・リストコントロールの基本1
・リストコントロールの基本2
・リストコントロールの一行全体を選択する
・リストコントロールを単一行選択にする
・フォーカスが移ったときも選択状態を維持する
・アイテムにユーザデータを付加する
・アイテムにアイコンをつける
・アイテムに状態イメージをつける
・ヘッダ項目にアイコンをつける

 ツリーコントロール

 

・ツリーコントロールの基本

 タブコントロール

 

・タブコントロールの基本1
・タブコントロールの基本2
・タブコントロールをXPスタイルにする

 スライダコントロール

 

・スライダコントロールの基本1
・スライダコントロールの基本2

 スピンコントロール

 

・スピンコントロールの基本

 プログレスバー

 

・プログレスバーの基本

 日時指定コントロール

 

・日時指定コントロールの基本

 月間予定表コントロール

 

・月間予定表コントロールの基本
・月間予定表のプロパティと色変更

 IPアドレスコントロール

 

・IPアドレスコントロールの基本
・IPアドレスコントロールの操作

 ピクチャーコントロール

 

・ピクチャーコントロールの基本

 アニメーションコントロール

 

・アニメーションコントロールの基本

 時刻管理

 

・CTimeとCTimeSpan
・CTimeの引数について

 メニュー

 

・ダイアログにメニューをつける
・ダイアログにポップアップメニューをつける

 ステータスバー

 

・ダイアログにステータスバーをつける
・ステータスバーに文字列を表示する

 プロパティシート

 

・プロパティシートの基本1
・プロパティシートの基本2

 コモンダイアログ

 

・ファイル選択ダイアログ
・フォント選択ダイアログ
・色選択ダイアログ

 ファイル入出力

 

・ファイル入出力の基本
・テキストファイルの入出力
・ファイルの検索、列挙1
・ファイルの検索、列挙2

 ネットワーク

 

・MFCソケット通信の基本 (クライアント編)
・MFCソケット通信の基本 (サーバ編)
・MFC非同期ソケット (クライアント編1)
・MFC非同期ソケット (クライアント編2)
・MFC非同期ソケット(サーバ編1)
・MFC非同期ソケット(サーバ編2)

 デバイスコンテキスト

 

・デバイスコンテキストの基本
・文字列の描画
・ペンを使った描画
・ブラシを使った描画1
・ブラシを使った描画2

 FTPクライアント

 

・FTPクライアントを作る1
・FTPクライアントを作る2
・FTPクライアントを作る3
・FTPクライアントを作る4
・FTPクライアントを作る5

 ドキュメント・ビュー

 

・ドキュメント・ビューの基本
・エディットビューの基本
・リストビューの基本
・ツリービューの基本
・フォームビューの基本

 ダイアログバー

 

・ダイアログバーの基本
・ダイアログにダイアログバーをつける

 

 

トップページへ戻る

FTPクライアントを作る5

 前回まででFTPクライアントに必要な機能はほぼ出来上がりました。今回は最後に残った謎の"表示"ボタンを実装していきます。

 この"表示"ボタンは何かというと、選択されているファイルの内容を表示するというものです。ファイル自体はサーバ側にあるので一度ダウンロードしてファイルを開いて読み込めばファイルの中身を表示することはできますが、MFCのFTP機能では、実はリモートのファイルをローカルファイルと同じように直接読み書きすることができるのです。

 ファイルの読み書きなどの操作はCStdioFileの派生クラスのCInternetFileクラスを使います。FTPを使ったリモートファイル読み書きの流れは、

1.CFtpConnection::OpenFile()関数でCInternetFileクラスオブジェクトを取得する。
2.CInternetFileクラスを使ってファイル読み書きなどの操作
3.CInternetFile::Close()関数でファイルクローズ

といったところです。CInternetFileクラスオブジェクトはCFtpConnectionクラスが生成、破棄するので、自分で破棄する必要はありません。では、まずはファイル内容の表示用のダイアログを作りましょう。

 ファイル内容表示ダイアログ用にCDialogの派生クラスを追加します。エディットボックスにはDDX変数を追加し、文字列のセット用にSetDisp()関数を作ります。

class CDialogDisp : public CDialog
{
    DECLARE_DYNAMIC(CDialogDisp)
    
public:
    CDialogDisp(CWnd* pParent = NULL);   // 標準コンストラクタ
    virtual ~CDialogDisp();
    
    virtual BOOL OnInitDialog();
    void SetDisp(CString &str) {m_xvEditDisp = str;}
    
// ダイアログ データ
    enum { IDD = IDD_DIALOG_DISP };
    
protected:
    virtual void DoDataExchange(CDataExchange* pDX);    // DDX/DDV サポート
    
    DECLARE_MESSAGE_MAP()
private:
    CString m_xvEditDisp;
};

 では、"表示"ボタン押下時のイベントハンドラです。

// "表示"ボタン押下
void CFtpClientDlg::OnBnClickedBtnRead()
{
    CDialogDisp      dispDlg;
    CString          fileName, str, disp;
    CInternetFile    *fileP = NULL;
    int              sel = 0;
    int              err = 0;
    
    if (!err) if (!m_ftpConP) err = 1;
    
    // ファイル名取得
    if (!err) if ((sel = m_xcList.GetCurSel()) == LB_ERR) err = 1;
    if (!err)
    {
        m_xcList.GetText(sel, fileName);
        if (fileName.Left(3) == _T("[D]")) err = 1;
    }
    
    // ファイルオープン
    if (!err) if ((fileP = m_ftpConP->OpenFile(fileName)) == NULL) err = 1;
    
    // ファイル読み込み
    if (!err)
    {
        while (fileP->ReadString(str))
        {
            MbsToUnicode(str);
            disp += str +_T("\r\n");
        }
    }
    
    // 表示
    if (!err)
    {
        dispDlg.SetDisp(disp);
        dispDlg.DoModal();
    }
    
    // ファイルクローズ
    if (fileP) {fileP->Close(); fileP = NULL;}
}

 現在選択されているファイルの名前をリストボックスから取得し、ディレクトリでなければCFtpConnection::OpenFile()関数でCInternetFileクラスへのポインタを取得します。

CInternetFile* CFtpConnection::OpenFile(
LPCTSTR pstrFileName,
DWORD dwAccess = GENERIC_READ,
DWORD dwFlags = FTP_TRANSFER_TYPE_BINARY,
DWORD_PTR dwContext = 1
);

説明: FTPサーバ上のファイルをオープン
引数: pstrFileName:ファイル名(相対パスまたは絶対パス)
dwAccess:ファイルアクセス方法(GENERIC_READまたはGENERIC_WRITE)
dwFlags:転送モード(FTP_TRANSFER_TYPE_BINARYまたはFTP_TRANSFER_TYPE_ASCII)
dwContext:コンテキストID
戻り値: 正常終了した場合は0以外、それ以外の場合は0

 ファイルの読み書きの方法はCStdioFileクラスと同じです。ReadString()関数で一行読み込みます。バイナリ形式で読み込みたいときはRead()関数を使います。

 また、CInternetFile::ReadString()関数はMBCSからUNICODEへの変換などは行いません。ここではプロジェクト設定をUNOCODEを使用するようにしているので、読み込んだ文字列をMBCSからUNICODEに自分で変換しています。ここはプロジェクトの文字コードの設定によって変わるので注意してください。また、エディットボックスは改行文字を"\r\n"で扱います。なので、1行読み込むたびに改行文字の"\r\n"を付加しています。参考までに、MBCS -> UNOCODE変換関数は次のように作っています。

// MBCS -> Unicode
void CFtpClientDlg::MbsToUnicode(CString &str)
{
    CString       wstr;
    wchar_t       *wcstr = wstr.GetBuffer(1024);
    size_t        convertedChars;
    int           err = 0;
    
    err = mbstowcs_s(&convertedChars, wcstr, 1024, 
        reinterpret_cast<LPCSTR>(static_cast<LPCTSTR>(str)), _TRUNCATE);
    
    wstr.ReleaseBuffer();
    str = wstr;
}