MFC編 目次

 MFC全般

 

・MFCの開発環境をそろえよう
・MFCをスタティックリンクしたときに出るエラー
・関数追加時に出るエラー
・Windows XPスタイルの外観にする

 文字列操作

 

・CStringの基本1 文字列の連結と追加
・ATL/MFC共有版のCStringについて
・CStringと三項演算子の問題

 DDX/DDV

 

・DDXの基本1
・DDXの基本2
・DDX変数に複数コントロールを割り当てる
・DDX変数を配列にする

 ダイアログ

 

・ダイアログの色変更

 ボタン

 

・ボタンの基本

 チェックボックス

 

・チェックボックスの基本
・プッシュボタンのようなチェックボックス
・チェックボックスの色変更

 エディットボックス

 

・エディットボックスの基本
・エディットボックスの色変更

 コンボボックス

 

・コンボボックスの基本
・コンボボックスに初期データを入れる
・コンボボックスの色変更
・拡張コンボボックス

 リストボックス

 

・リストボックスの基本
・リストボックスの色変更
・チェックリストボックスを作る

 ラジオボタン

 

・ラジオボタンの基本
・ラジオボタンの色変更

 スタティックテキスト

 

・スタティックテキストの内容を動的に変更する
・スタティックテキストに複数行入力する
・スタティックテキストの文字色変更

 リストコントロール

 

・リストコントロールの基本1
・リストコントロールの基本2
・リストコントロールの一行全体を選択する
・リストコントロールを単一行選択にする
・フォーカスが移ったときも選択状態を維持する
・アイテムにユーザデータを付加する
・アイテムにアイコンをつける
・アイテムに状態イメージをつける
・ヘッダ項目にアイコンをつける

 ツリーコントロール

 

・ツリーコントロールの基本

 タブコントロール

 

・タブコントロールの基本1
・タブコントロールの基本2
・タブコントロールをXPスタイルにする

 スライダコントロール

 

・スライダコントロールの基本1
・スライダコントロールの基本2

 スピンコントロール

 

・スピンコントロールの基本

 プログレスバー

 

・プログレスバーの基本

 日時指定コントロール

 

・日時指定コントロールの基本

 月間予定表コントロール

 

・月間予定表コントロールの基本
・月間予定表のプロパティと色変更

 IPアドレスコントロール

 

・IPアドレスコントロールの基本
・IPアドレスコントロールの操作

 ピクチャーコントロール

 

・ピクチャーコントロールの基本

 アニメーションコントロール

 

・アニメーションコントロールの基本

 時刻管理

 

・CTimeとCTimeSpan
・CTimeの引数について

 メニュー

 

・ダイアログにメニューをつける
・ダイアログにポップアップメニューをつける

 ステータスバー

 

・ダイアログにステータスバーをつける
・ステータスバーに文字列を表示する

 プロパティシート

 

・プロパティシートの基本1
・プロパティシートの基本2

 コモンダイアログ

 

・ファイル選択ダイアログ
・フォント選択ダイアログ
・色選択ダイアログ

 ファイル入出力

 

・ファイル入出力の基本
・テキストファイルの入出力
・ファイルの検索、列挙1
・ファイルの検索、列挙2

 ネットワーク

 

・MFCソケット通信の基本 (クライアント編)
・MFCソケット通信の基本 (サーバ編)
・MFC非同期ソケット (クライアント編1)
・MFC非同期ソケット (クライアント編2)
・MFC非同期ソケット(サーバ編1)
・MFC非同期ソケット(サーバ編2)

 デバイスコンテキスト

 

・デバイスコンテキストの基本
・文字列の描画
・ペンを使った描画
・ブラシを使った描画1
・ブラシを使った描画2

 FTPクライアント

 

・FTPクライアントを作る1
・FTPクライアントを作る2
・FTPクライアントを作る3
・FTPクライアントを作る4
・FTPクライアントを作る5

 ドキュメント・ビュー

 

・ドキュメント・ビューの基本
・エディットビューの基本
・リストビューの基本
・ツリービューの基本
・フォームビューの基本

 ダイアログバー

 

・ダイアログバーの基本
・ダイアログにダイアログバーをつける

 

 

トップページへ戻る

ツリービューの基本

 ツリービューは、SDI/MDIベースのアプリでツリーコントロールを元にリスト表示をするビューです。

 まずはツリービューとツリーコントロールの違いを明確にしておきましょう。ツリービューはドキュメント・ビュー・アーキテクチャにおけるビューの一種です。ツリーコントロールはダイアログのコントロールの一種です。ツリービューを使う場合、ツリーの実際の操作はCTreeView::GetTreeCtrl()関数でツリーコントロールを取得し、CTreeCtrlクラスを使って行います。ツリービューは内部にツリーコントロールを保持しているだけと考えればいいでしょう。

 では、実際に作ってみます。今回はSDIで作成します。アプリケーションウィザードで「ドキュメントの種類」に「シングルドキュメント」を選択します。そして、「生成されたクラス」ページでビューの基本クラスに「CTreeView」を選択します。これで、初期作成されるビューがCTreeViewの派生クラスになります。

 では、クラスビューで確認してみます。作成されたビュークラスがCTreeViewの派生クラスになっていることがわかります。

 それでは、コードを追加していきましょう。ビューの初期化処理はOnInitialUpdate()関数に記述します。

void CTVView::OnInitialUpdate()
{
    CTreeView::OnInitialUpdate();
    {
        CTreeCtrl    &treeCtrl = GetTreeCtrl();
        HTREEITEM    hItem = NULL;
        int            err = 0;
        
        // アイテム挿入
        if (!err) if ((hItem = treeCtrl.InsertItem
            (_T("乗り物"), TVI_ROOT)) == NULL) err = 1;
        if (!err) if (!treeCtrl.InsertItem(_T("バス"), hItem)) err = 1;
        if (!err) if (!treeCtrl.InsertItem(_T("飛行機"), hItem)) err = 1;
        if (!err) if ((hItem = treeCtrl.InsertItem
            (_T("電車"), hItem)) == NULL) err = 1;
        if (!err) if (!treeCtrl.InsertItem(_T("山手線"), hItem)) err = 1;
    }
}

 ツリーの操作はCTreeCtrlクラスを使って行います。CTreeCtrlのオブジェクトはCTreeView::GetTreeCtrl()関数で取得できます。

 ここではアイテムを挿入しています。ツリーコントロールへのアイテムの挿入は「ツリーコントロールの基本」でやりました。この部分は同じなので詳細はそちらを見てください。

 さて、ツリーコントロールは初期状態だとアイテム間の線や+-ボタンは表示されません。これを表示させたい場合はどうすればいいでしょうか。ダイアログの場合はリソースエディタ上のプロパティで設定できましたが、ビューの場合はリソースはないのでプログラム上で設定しないといけません。

 ツリーコントロールにスタイルを設定する場合は、通常はCTreeCtrl::Create()関数の引数でスタイルを設定しますが、ビューの場合はOnInitialUpdate()の段階ではすでにツリーコントロールが作成されているので、後からスタイルを設定するということができません。

 こういう場合は、CWnd::Create()関数をオーバーライドして、スタイルを追加します。ツリービューのプロパティからCreate()関数をオーバーライドします。

BOOL CTVView::Create(LPCTSTR lpszClassName, 
    LPCTSTR lpszWindowName, DWORD dwStyle, const RECT& rect, 
    CWnd* pParentWnd, UINT nID, CCreateContext* pContext)
{
    // TODO: ここに特定なコードを追加するか、もしくは基本クラスを呼び出してください。
    {
        dwStyle |= TVS_HASBUTTONS;
        dwStyle |= TVS_HASLINES;
    }
    
    return CTreeView::Create(lpszClassName, lpszWindowName, 
        dwStyle, rect, pParentWnd, nID, pContext);
}

 dwStyleにTVS_HASBUTTONS、TVS_HASLINESを追加します。これでツリーコントロールのアイテム間の線と+-ボタンが表示されるようになります。

 ではビルドして実行してみましょう。ツリーコントロールのアイテムがビューに表示されました。