MFC編 目次

 MFC全般

 

・MFCの開発環境をそろえよう
・MFCをスタティックリンクしたときに出るエラー
・関数追加時に出るエラー
・Windows XPスタイルの外観にする

 文字列操作

 

・CStringの基本1 文字列の連結と追加
・ATL/MFC共有版のCStringについて
・CStringと三項演算子の問題

 DDX/DDV

 

・DDXの基本1
・DDXの基本2
・DDX変数に複数コントロールを割り当てる
・DDX変数を配列にする

 ダイアログ

 

・ダイアログの色変更

 ボタン

 

・ボタンの基本

 チェックボックス

 

・チェックボックスの基本
・プッシュボタンのようなチェックボックス
・チェックボックスの色変更

 エディットボックス

 

・エディットボックスの基本
・エディットボックスの色変更

 コンボボックス

 

・コンボボックスの基本
・コンボボックスに初期データを入れる
・コンボボックスの色変更
・拡張コンボボックス

 リストボックス

 

・リストボックスの基本
・リストボックスの色変更
・チェックリストボックスを作る

 ラジオボタン

 

・ラジオボタンの基本
・ラジオボタンの色変更

 スタティックテキスト

 

・スタティックテキストの内容を動的に変更する
・スタティックテキストに複数行入力する
・スタティックテキストの文字色変更

 リストコントロール

 

・リストコントロールの基本1
・リストコントロールの基本2
・リストコントロールの一行全体を選択する
・リストコントロールを単一行選択にする
・フォーカスが移ったときも選択状態を維持する
・アイテムにユーザデータを付加する
・アイテムにアイコンをつける
・アイテムに状態イメージをつける
・ヘッダ項目にアイコンをつける

 ツリーコントロール

 

・ツリーコントロールの基本

 タブコントロール

 

・タブコントロールの基本1
・タブコントロールの基本2
・タブコントロールをXPスタイルにする

 スライダコントロール

 

・スライダコントロールの基本1
・スライダコントロールの基本2

 スピンコントロール

 

・スピンコントロールの基本

 プログレスバー

 

・プログレスバーの基本

 日時指定コントロール

 

・日時指定コントロールの基本

 月間予定表コントロール

 

・月間予定表コントロールの基本
・月間予定表のプロパティと色変更

 IPアドレスコントロール

 

・IPアドレスコントロールの基本
・IPアドレスコントロールの操作

 ピクチャーコントロール

 

・ピクチャーコントロールの基本

 アニメーションコントロール

 

・アニメーションコントロールの基本

 時刻管理

 

・CTimeとCTimeSpan
・CTimeの引数について

 メニュー

 

・ダイアログにメニューをつける
・ダイアログにポップアップメニューをつける

 ステータスバー

 

・ダイアログにステータスバーをつける
・ステータスバーに文字列を表示する

 プロパティシート

 

・プロパティシートの基本1
・プロパティシートの基本2

 コモンダイアログ

 

・ファイル選択ダイアログ
・フォント選択ダイアログ
・色選択ダイアログ

 ファイル入出力

 

・ファイル入出力の基本
・テキストファイルの入出力
・ファイルの検索、列挙1
・ファイルの検索、列挙2

 ネットワーク

 

・MFCソケット通信の基本 (クライアント編)
・MFCソケット通信の基本 (サーバ編)
・MFC非同期ソケット (クライアント編1)
・MFC非同期ソケット (クライアント編2)
・MFC非同期ソケット(サーバ編1)
・MFC非同期ソケット(サーバ編2)

 デバイスコンテキスト

 

・デバイスコンテキストの基本
・文字列の描画
・ペンを使った描画
・ブラシを使った描画1
・ブラシを使った描画2

 FTPクライアント

 

・FTPクライアントを作る1
・FTPクライアントを作る2
・FTPクライアントを作る3
・FTPクライアントを作る4
・FTPクライアントを作る5

 ドキュメント・ビュー

 

・ドキュメント・ビューの基本
・エディットビューの基本
・リストビューの基本
・ツリービューの基本
・フォームビューの基本

 ダイアログバー

 

・ダイアログバーの基本
・ダイアログにダイアログバーをつける

 

 

トップページへ戻る

ATL/MFC共有版のCStringについて

 VC6.0(MFC4.2)まではCStringはMFCの単純な1クラスに過ぎなかったのですが、.net(MFC7.0)以降では、CStringはATL/MFCの共有クラスになりました。
 CStringはCStringTというテンプレートクラスが元になっています。これのデータ型を固定してtypedefしたものがCStringになっています。
 afxstr.hで次のように定義されています。

typedef ATL::CStringT< wchar_t, StrTraitMFC< wchar_t > > CStringW;
typedef ATL::CStringT< char, StrTraitMFC< char > > CStringA;
typedef ATL::CStringT< TCHAR, StrTraitMFC< TCHAR > > CString;

 これを見ると、MBCS(マルチバイト文字セット、1文字1バイトまたは2バイト)ではCStringA、Unicode文字型(1文字2バイト)ではCStringWを使います(wchar_tは2バイト)。ではCString型のTCHARとは何でしょうか?これはwinnt.hで定義されています。

#ifdef  UNICODE                     // r_winnt

#ifndef _TCHAR_DEFINED
typedef WCHAR TCHAR, *PTCHAR;
typedef WCHAR TBYTE , *PTBYTE ;
#define _TCHAR_DEFINED
#endif /* !_TCHAR_DEFINED */

typedef LPWSTR LPTCH, PTCH;
typedef LPWSTR PTSTR, LPTSTR;
typedef LPCWSTR PCTSTR, LPCTSTR;
typedef LPUWSTR PUTSTR, LPUTSTR;
typedef LPCUWSTR PCUTSTR, LPCUTSTR;
typedef LPWSTR LP;
#define __TEXT(quote) L##quote      // r_winnt

#else   /* UNICODE */               // r_winnt

#ifndef _TCHAR_DEFINED
typedef char TCHAR, *PTCHAR;
typedef unsigned char TBYTE , *PTBYTE ;
#define _TCHAR_DEFINED
#endif /* !_TCHAR_DEFINED */

typedef LPSTR LPTCH, PTCH;
typedef LPSTR PTSTR, LPTSTR, PUTSTR, LPUTSTR;
typedef LPCSTR PCTSTR, LPCTSTR, PCUTSTR, LPCUTSTR;
#define __TEXT(quote) quote         // r_winnt

#endif /* UNICODE */                // r_winnt

 これを見ると分かる通り、UNICODEが定義されているとTCHARはWCHAR、定義されていなければTCHARはchar型になります。要するにコンパイルスイッチによってANSI型にもUNICODE型にも変わるようになっているわけです。CStringがテンプレートクラスになったのは、このようにUNICODEに対応するためなんですね。

 UNICODEを使用するかどうかは、MFCアプリケーションウィザードで設定します。

 .netでMFCアプリケーションを作ると、デフォルトで"ユニコードライブラリを使用する"がチェックされているので、VC6.0から移行するとちょっと戸惑うところですね。
 プロジェクトを作成した後で変更したい場合は、プロジェクトの設定で変更できます。

ここでは、
・UNICODE文字セットを使用する
・マルチバイト文字セットを使用する
・設定なし

の3種類から選択できます。「マルチバイト文字セット」というのはSJISなどのように1バイト文字と2バイト文字が混在する文字コードです。MBCSと呼ばれます。MBCSでは文字列はchar型で扱います。なので、2バイト文字の半分でちょん切れたりしないように、プログラマが気をつけなければいけません。

 また、リテラル文字列にも同じようなマクロが用意されています。

CString str = _T("abc");

 _Tというマクロは、UNICODEが定義されていれば文字列をUNICODE型(1文字2バイト)に変換します。定義されていなければそのままになります。

 プロジェクトがUNICODEの設定になっているときに次のような記述をするとコンパイルエラーになります。

CString str = "abc";

 char型からw_char型に変換できないということですね。この場合は_Tマクロをつかえばw_char型に変換されるのでコンパイルが通るようになります。